トップメッセージ

株式会社トレックスの川口徹です。

弊社は平成21年4月に設立されたリハビリテーションに特化したコンサルタント会社です。

リハビリテーションを中心とした業務展開を総合的にプロデュースします。特に、介護保険での地域展開が得意です。

 

さて、一般のコンサルテーションは、事業戦略の提案になるため、どのように現場で展開したらいいのかがわかりません。自分の法人の弱みは言われなくてもわかります。どう改善したらいいのかがわからないのです。数値だけを見て、現場を理解しないコンサルテーションです。

トレックスは、戦略に加えて戦術まで提案し、その実施までお手伝いします。戦術までお手伝いするのがトレックスの強みです。

 

部門立ち上げ、システム構築・運営、人材確保、収益アップ、スタッフ教育など、幅広く対応します。
現在、地元の医療法人、社会福祉法人、株式会社中心にコンサルテーション契約を結び、実績を上げています。リハビリテーションがメインの介護保険施設は、経営全体に関わっているケースもあります。

 

リハビリテーション部門の機能を高め、よりよく地域展開するためにお手伝いいたします。

     代表取締役社長 川口徹
     代表取締役社長 川口徹

 

株式会社トレックスの現状 

 

現在、医療福祉に携わっている法人を対象とし、6法人とコンサルタント契約を結んでいます。医療法人1と社会福祉法人4、個人医院1です。

少し長い経過をたどった法人もありますが、リハビリテーション部門の質的内容、業務継続・拡大、展開戦略など、業務向上に寄与したと自負しています。

 

それぞれの環境によって異なり、実績評価は難しいです。

以下に最近関わったコンサルテーションの一部を例示します。

(平成28年7月末現在)

-----------------------------------

社会福祉法人Aは老人保健施設Bがメイン施設で、入所100人、通所100人が定員。

リハビリスタッフは作業療法士が2名いるだけで、人材確保が非常に難しかった。

そのリハビリテーションの内容も不十分であった。

弊社契約後、リハビリテーション部門のシステムを改善しつつ、それに伴いリハビリスタッフは増えていった。

また、関連法人の老人保健施設Cは入所60人、通所50人が定員。

リハビリスタッフは作業療法士1名しかおらず、非常勤職員によって定数を確保してきた。

老人保健施設Bと同様に、リハビリテーション部門のシステムを改善していった。

老人保健施設BはPT7名、OT3名となり、関連老健CはPT4名となった。

現在、さらなる人員充実、質的向上を中心にシステムを構築中である。

さらに、高齢者住宅、地域交流施設を建設検討中である。

-----------------------------------

D病院は、ベッド数200程度の病院で、2病院を合併し新病院としてスタートする予定である。

そのリハビリテーションシステムの構築を進めている。

人員確保の面を中心に業務展開しており、入職した理学療法士数名は、現在内地留学により、リハビリテーション技術を高め、新病院に還元することになっている。

リハビリテーションスタッフはほぼ確保できている状況であり、内容の吟味に入っている。

弊社契約後、幅広いリハビリテーションシステムを構築中である。

-----------------------------------

社会福祉法人Eは、特別養護老人ホーム2施設、単独デイサービス1施設等を運営する法人。

リハビリスタッフは作業療法士3名のみであった。

医療連携のビジネス提案をするとともに、リハビリ強化を図る。

その後、近隣に小規模特養、ショートステイ併設施設立ち上げを指導。

診療所および外来リハビリ、デイケア、ショートステイ施設立ち上げ指導。

平成25年8月にクリニックを立ち上げ、併設でリハビリテーションセンターを立ち上げ、リハビリテーションシステムを構築し、事業展開をさらに進めている。

現在、リハビリスタッフは常勤理学療法士8名、作業療法士2名となった。

非常勤のリハセンターに就任し、法人全体の経営戦略にも携わっている。

さらに、ベトナム、仙台へと他地域に進出することになっている。 

-----------------------------------

老人保健施設Fは入所100人、通所80人の施設。

コンサルに依頼時に、リハビリスタッフは、作業療法士1名、理学療法士2名であった。

リハビリ部門が機能低下を起こし、スタッフがバタバタと離職した後であった。

リハビリ内容も旧態依然としており、リハビリが施設で機能していなかった。

弊社契約後、リハビリ部門のシステム作りと人脈から人員確保を行った。

1年以内に、理学療法士2名、作業療法士1名、言語聴覚士が1名入職し、セラピスト数は7名となった。

現在、理学療法士5名、作業療法士4名、言語聴覚士1名となっている。

生活リハビリを中心にシステム、内容を大幅に見直し、改善中である。

その後、法人全域に関わることになり、経営戦略を進めており、事業拡大が進んでいる。

-----------------------------------

社会福祉法人Gは、地域密着型特養とショートステイ施設、グループホーム、居宅介護支援事業所、デイサービスセンター、地域包括支援センター等を運営する法人である。

しかし、法人内にリハビリテーションが定着していなかった。

そこで、良いケアを提供するために、リハビリテーションシステムを法人内に導入するために、弊社とコンサルタント契約を結んだ。

機能訓練指導員を定着させ、特に地域密着型特養の利用者の運動機能向上を進め、一定の結果を出している。

現在、理学療法士1名が入職し、デイサービスに配属し、リハビリ機能を高めている。

-----------------------------------

個人病院Hは、整形外科開業で混雑しており、人気のあるクリニックである。

隣接している土地つきたてものを購入し、介護保険での業務展開をするために、弊社と契約になった。マーケッティングの結果、短時間型デイケアを展開することとし、既存の建物の改築を進めており、その後、システム構築をしてデイケアを展開する予定である。さらに、訪問事業を立ち上げていく予定となっている。

-----------------------------------

 

 

 

 

 

このような、実践を柱としたリハビリテーションコンサルテーションを提供します。

契約法人を密に関わり、そこでのリハビリテーション、法人運営を高めます。

 

株式会社トレックスは、これからも地域住民のために社会貢献を柱に走ります。